寒い季節になると、お肌の乾燥が気になる方も増えてくるのではないでしょうか。悪化して顔が粉をふいてしまったり、赤くただれてしまったり、皮が剥けてしまったりと見た目も良くないですし、実際に顔が痛痒くなってしまう事があります。その対策として、化粧水やクリームをいつもよりコクあるリッチなものにしたり、保湿効果の高いパックをしたり、特別ケアでイオンスチーマーを当てたりと、プラスアルファのお手入れが効果的かもしれません。お肌が乾燥してしまうと、お化粧ノリが悪く、ファンデーションも上手く顔に乗らない事もしばしばあります。やはり保湿をしっかりとして、皮膚のゴワつきを抑えてからではないと、冬の季節はお化粧する事さえ難しくなってしまいます。日頃のお手入れの積み重ねが、顔に現れてくるので、寒い時期こそお肌のケアをしっかりやるべきです。

お肌の乾燥に効果的な食材

お肌の乾燥は、女性にとって大敵です。かさかさしているだけで、お手入れが行き届いていない印象を与えてしまいますし、何より自分の気分的にも落ち込んでしまいます。乾燥対策としてほとんどの人が、化粧水やクリームなどをリッチなものに変えるなど、外側のケアに力を入れていることでしょう。しかしそれにプラスして、毎日の食事を意識的に変える内側からのケアで、より一層お肌の状態を良くする事ができます。基本的に皮膚に潤いを与えてくれる食材として、ビタミンABCE、セラミド、亜鉛などが挙げられます。例えばビタミンAは、皮膚や粘膜を潤わせ、新陳代謝を活発にします。食材を挙げると、レバーや鰻、卵、ノリやワカメなどです。またセラミドは、角質層の水分を保持する役割があります。食材でいうと、大豆や黒豆、ひじき、コンニャクなどです。毎日の食事に上手く取り入れて、乾燥からお肌を守りたいです。

肌の乾燥の原因とケアについて

肌の乾燥は肌の内側の水分がなくなってしまう事で起こり、皮脂、細胞間脂質、天然保湿因子の水分保持に関わる3つのバランスが崩れアミノ酸やミネラルなどの水分を逃がしてしまいます。その他にも誤ったスキンケアも原因の一つとされており中でも洗顔料の成分は必要な水分を逃がしてしまい、擦る様に洗うと肌に摩擦が生じ余計に肌が傷付き乾燥が進んでしまいます。洗顔する際にはたっぷりの泡で優しく包み込む様に洗う事が大切となっています。またスキンケア以外の原因には紫外線や喫煙、ストレスが挙げられ、また極度なダイエットや偏食、ファーストフードの取り過ぎなどが挙げられており、不規則な食生活はビタミンやミネラルが十分に摂取する事が出来ず肌が乾燥してしまい、正しい食生活やストレス発散、しっかりとしたUVケアを行う事を心が大切です。