皮脂を絶対悪と考え、とにかく除去しようと考える女性がかなり多いです。しかし、皮脂には皮膚を守ると言う大事な役割があります。とは言え、過剰に分泌されたり、毛穴に詰まって蓄積したりすると、ニキビの原因になります。皮脂が溜まる理由は、洗顔をしないからと思っている人が多いですが、そうではありません。洗顔をし過ぎると皮脂を異常分泌させます。また、意外と思われるかもしれませんが、肌の乾燥が原因になることもあります。肌の乾燥によって低下したバリア機能をフォローしようと、ターンオーバーが早まるわけです。しかし、新陳代謝が追いつかないので、角質層を厚くしてしまいます。そして、毛穴をふさいでしまうと言うわけです。洗顔をし過ぎないこと、肌を乾燥させないことを徹底することです。それだけでも、全然変わってくるでしょう。

洗顔後肌を乾燥させないために

正しくクレンジングと洗顔をした後の肌は、とても清潔でソフトな状態になっています。そのまま何もせずにいれば、すぐに水分が蒸散してしまうでしょう。あっと言う間に乾燥してしまいます。ですから、角質層に水分を補うために化粧水で潤さなければいけません。化粧水を使用するポイントは、洗顔後すぐにつけることです。その後の保湿ケアも続けてすぐに行うようにしましょう。ただ、市販の化粧水が合わないと言うデリケートな肌質の人もいます。あれこれ試してもだめと言う人も少なくありません。その場合は、手作りしてみましょう。しかし、グリセリンや無水エタノールなどが必要になるので、そんなものは一般人では手に入れられないと思っている人も少なくありません。ですが、グリセリンや無水エタノールは、どこの薬局でも手に入れることができます。

肌が乾燥した状態が続くと

肌が乾燥した状態が続くと、しわができる確率が一気に跳ね上がります。また、突っ張ったりして痛みを感じることもあり、ストレスも溜まってしまうでしょう。顔はとくにですが、乾燥させないように細心の注意を払うべきです。肌を潤すために化粧水を使いますが、この化粧水は自分で作ることもできます。専門的な知識はいりません。レシピは今やインターネットで簡単に見つかるので、作るのに苦労することはないでしょう。ただ、レシピを見ると無水エタノールやグリセリンと言う言葉を目にすることになります。どこで手に入れるのか、はたまた一般人が購入するのは不可能ではないのかと考える人が少なくありません。諦めてしまう人も多いです。しかし、それらの材料は近所の薬局でも売っています。簡単に手に入れることができますし、価格も高くありません。